Loading...

Recruit

もっと格好良く、もっと使いやすく、
もっと喜ばれるモノを作りたいメンバー募集

採用について

現在以下の職種を募集しております。

職種

  • デザイナー

    デザイナーは、ホームページやコンテンツのデザイン、UI/UXの設計を主におこないます。
    サイトの意義や、ターゲットユーザに合ったデザインを考える面白さ、その中で自分のデザインセンスを表現する楽しさがあります。クライアントや代理店に、デザイナー自身が提案をすることもあるので、技術力だけでなくプレゼン能力や経験、知識といったスキルも磨かれていきます。

    • Photoshop
    • Illustrator
    • UI
    • UX
  • webディレクター

    webディレクターは、クライアントや代理店の要望を聞き、品質とスケジュールの管理をおこなうことで、プロジェクトを完成に導きます。
    スタッフ編成やコスト管理、社内外とのコミュニケーションなど、業務内容は多岐にわたりますが、幅広い分野の知識を磨き深めることできる職種です。自身のマネジメント力でプロジェクトを自在に操る事ができる楽しさがあります。

    • 管理能力
    • 提案力
    • コミュニケーション能力
  • マークアップエンジニア

    マークアップエンジニアは、デザイナーが制作したサイトデザインをWeb上に表現できるよう、HTMLやCSSなどを用いてコーディングをおこないます。
    最新技術を押さえつつ、更新や保守作業のしやすさも視野に入れた、最適なコーディングを実装します。サイトに「+α」を加えるイマジネーションと技術力で、画面の裏側からデザインやコンテンツを支える名バイプレーヤー的な楽しみができる職種です。

    • HTML5
    • CSS3
    • JavaScript
    • jQuery
    • JSON
    • Gulp
    • Git
    • Sass
    • Canvas

選考のプロセス

  • 応募

  • 書類
    選考

  • 一次
    面接

  • 二次
    面接

  • 内定

ご応募から5営業日程度で書類選考結果をご連絡いたします。
書類選考を通過した方は、弊社オフィスにて面接をさせていただきます。面接日程は考慮いたしますのでご相談ください。

Message

さらなる成長を目指して

代表取締役 社長 / クリエイティブディレクター

伏見 隆一

はじまりは、メディアの多様化

フリーランスのデザイナーとして活動していた私が、中目黒でデザインスタジオエースを創業したのが、1998年のことです。おかげさまで、2018年に設立20年を迎えることができました。お客様の満足のために、「ひたすらに真面目に取り組み続けて来た。」これが、20年目を迎えることができた一番の理由だと感じています。
紙媒体のデザイン制作からはじまった当社は、インターネット時代の到来と共にウェブ制作の仕事が増えてきました。メディアは変わりましたが、「品質にこだわりたい」という思いが、私たちの中にはずっとありました。
「クリエイターであるスタッフ一人ひとりが、仕事の楽しさを追求するチカラを持つ。」
それこそ、「品質にこだわったモノづくり」へとつながるのだと信じてここまで来ました。
お客様に、仕事に、スタッフ同士に、すべてのことに誠意をもって、ただひたすらに真面目に向き合ってきた。それが、デザインスタジオエースという会社のチカラです。そして、どんな状況でも楽しんで仕事をしてきた。それが、当社のスタッフのチカラです。

私たちの責任

本当に色々なチカラが重なり合い出来上がった私たちの会社ですが、「デザインやコーディングのチカラでお客様の課題を解決する」ことが私たちの仕事です。これには、「お客様やエンドユーザーを満足させる」という責任が伴います。この業界では、新しい技術や新しい表現が日々生み出されています。もちろん私たちも、常に新しい表現に挑戦することで、良いサイトにしていきたいと考えています。ただし、闇雲に新しい表現を採用すれば良いというわけではありません。常に閲覧者やお客様の満足を第一に考え、表現方法を取捨選択しています。様々な条件の中で、お客様に満足していただける仕事をすることこそ、「私たちの責任」であり「私たちの楽しみ」だと思っています。お客様とエンドユーザーの厳しい目があるからこそ、私たちも成長できる。成長しなければいけないのだと日々痛感しています。
そして、経営者である私の使命は、より一層「スタッフが楽しめる」職場環境にしていくことだと考えています。これからも、「ひたすらに真面目に取り組み続ける」ことで、「楽しみ」を見いだせる職場であり続けたい、そう願っています。